NPOいのちは、「いのち」に関わること、真に人が豊かに生きるための活動を行っています。 NPOいのち 訪問看護ステーション在宅ケアセンター生活サポート
医師が訪問看護を必要と認める方、介護保険が適用される方、様々な生活のサポートまで、各事業所の特色を活かし、最良のサービスを目指します
NPOいのち訪問看護ステーション

看護師が、病状の観察や処置(点滴・痰吸引・排便の調整・管の管理・服薬の管理・医療機器の管理)などの医療行為と、生活の両面からお手伝いをします。

NPOいのち在宅ケアセンター

2017年11月よりケアマネージャー部門を開設します。お客様にケアプランを作成し、お客様とサービス事業所の連絡調整を致します。

清拭・排泄介助・掃除・洗濯・買い物等の生活面でのお手伝いを行います。 (※痰の吸引や経管栄養もできるようになりました。)

NPOいのち生活サポート

NPOいのちについて

NPOいのちは、2009年に訪問看護ステーションを開設し、在宅ターミナルケアなどで実績を重ね、2017年訪問介護事業所を新設。代表の斎藤忠光は昭和47年より8年間老人ホームに勤務。その間、全国で初めての機能を持った特別養護老人ホーム建設に参画し、ショートステイ、デイケア、入浴サービスと、当時は他にないシステムを考案、実現してきました。

  • 2000年:エチオピア大使の依頼で、地球温暖化が主な原因とされる旱魃に苦しむエチオピア南部ゴデを訪問。当時の駐日エチオピア大使が現地に日本から同行し、「問題の根本的解決は社会を作っている人間の内面が変わること」との共通認識で、いだきしんのコンサートを開催することを決定。同時にエチオピア支援がはじまり現地の要請でゴデ病院にレントゲンを寄付。
  • 2001年3月:在宅ターミナルケアを専門とした活動を開始。
  • 2001年11月:エチオピア アディスアベバ メスケル広場にてエチオピア政府との共同主催にて人類発祥の地エチオピアから全世界へ平和を発信する大規模コンサート、いだきしん「天命」コンサートを開催。(聴衆11万人。全世界衛星放送。インターネットライブ配信実施。)
  • 2002年3月:エチオピアに送る消防自動車11台の船積通関諸費用を寄付。
  • 2002年12月:エチオピア飢餓の緊急事態に際し、エチオピアDPPC(災害予防準備委員会)に寄付。
  • 2005年:在宅ターミナルを専門とした活動は、スタッフの不幸により中断。
  • 2009年3月:NPOいのち理事長斎藤忠光氏による講演会「死について」を開催。(その後も継続して行っています)
  • 2009年10月:NPOいのち訪問看護ステーション開設。
  • 2017年7月:NPOいのち在宅ケアセンター 訪問介護事業所開設。同年9月「生活サポート」開始
  • 2017年11月:NPOいのち在宅ケアセンター 居宅介護支援(ケアマネージャー)事業所開設。

NPOいのち代表 斎藤忠光

  • 出身地:青森県つがる市木造町
  • 出生:昭和18年6月23日
  • 大学:東洋大学大学院 社会学修士課程修了 社会福祉学専攻

昭和47年より8年間、東京都内の老人ホームに勤務。その間、はじめての機能を持った特別養護老人ホーム建設に参画。

20歳位より人間性の解放、生命現象としての健康、創造性等々の人間共通の根源的な問題を探求する。35歳の時に一応の答えを得る。人間共通の生命のはたらきを表現する音楽活動は日本各地のみならず、世界各国で開催され、多くの支援を得る。

コンサート活動について(外部サイト)

NPOいのちの事業で出会った方からの言葉は、未来への力です

まずは、ご相談下さい

介護・看護保険受給資格のある方、ご家族、受給資格がない方のご相談もお伺いします。お電話か、お問い合わせフォームにて、お返事は平日は24時間以内にできるよう努めています。

受付時間 9.30 AM — 6.00 PM 平日(土日祝祭日はお休み)

*すべての項目をご入力後 送信ボタンを押して下さい

TEL: 03-3466-3690

E-mail: info@npoinochi.org

居宅介護支援事業所(ケアマネージャー)
TEL: 03-5790-9895

訪問介護事業所
TEL: 03-5790-9160

E-mail: info@npoinochi.org

TEL: 03-5790-3513

E-mail: life-support@npoinochi.org

事業所所在地: 〒151-0066 東京都渋谷区西原1-43-2